So-net無料ブログ作成
検索選択

我が家の動物たち・その2 沙亜也 [雑記]

お嬢こと、沙亜也は、1990年ごろの生まれです

頃としか書けないのは、いつどこで生まれたかもわからないから

獣医さんから私を指名でいただきました

まずは会いに行き、抱っこさせてもらいました。

それから、時間をかけて、ケージやトイレなど必要なものを買い揃え

そして2週間ぐらい後に迎えに行きました

私の部屋に連れてきた時に、沙亜也は「ふーん」と言った感じ

「あなたは私を迎えに来たというけれど、私はいつまでここに居ることになるのかしら?」

そんな感じで、全く私に甘えるとか、増してや信じるなんてしない!といった感じでした

生まれたばかりの子どもも殺されてしまい、乳母猫として獣医さんのところにいた沙亜也

私の家に来てから毎日、朝晩、抱っこしては「沙亜也はかちゃんの大事な子だよ。ずっと一緒だよ」と

呪文のように繰り返し、繰り返し伝え続けました

それまで家には帰りたくなかった私が毎日お嬢のために早く帰宅するようになり

出来るだけ家にいるようになりました

そして実家に耐えられなくなった時、最初に購入したものもお嬢用の新しいケージでした

借りたアパートで最初に組み立てたのもこれw

そしてそのケージは今、かりくるが使っています

10歳を超えてからの引っ越しはお嬢に負担をかけると思いましたが、お嬢は全く気にせず

私が一緒に居れば何の問題もありませんでした

そのアパートから脱走し、36日も迷子にしてしまったり、色々ありましたけれども

最後の最後までお嬢は私唯一の家族でした

亡くなった日は8人もの知人友人がお悔みに来てくれました

今でもお嬢の話をするとちょっと泣けて、そしてたくさん笑います

お嬢と過ごした時間はかけがえのない時間で、私の特別に幸せな時間です

かりくるを選んでくれたのも、あまり雨に降られないのも、何気に運が良いところも

全部お嬢のお蔭だと私は思っています

いつか虹の橋のたもとで再会出来たら、抱きしめてまた言ってあげたいです

「沙亜也はかちゃんの大事な子だよ。ずっと一緒だよ」

私の母であり、姉であり、娘であり、友達であり、一番大事な子

今でも心から愛しています

命日の日に…


nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 12

コメント 6

溺愛猫的女人

りみこさんにこんなにも愛されて沙亜也さまは幸せな猫さまですね。
きっと虹の橋からりみこさん、妹たちの事をずっと見守っていてくれていると思います。

by 溺愛猫的女人 (2016-06-22 20:10) 

ChatBleu

みなさんに、猫飼わないの?って言われるのですが、
「うちに来る子は来るべきして来るから」と言ってる私です。
沙亜也ちゃんもりみこさんのところに来るべきして来た子
なんですよね、きっと。
唯一無二の存在なんでしょうね。
by ChatBleu (2016-06-22 21:10) 

kontenten

我が家の猫たちも『頃』としか書けません(w)
元旦生まれとか夏至生まれとか・・・全部想定
折角縁が有って来た猫さんですので、詳しい誕生日なんか不要ですね(^^)
さて、いつか虹の橋のたもとで再会
私もカナに『やっと猫の気持ちがわかるようになったね、偉いエライ(^o^)』って云われるようになりたいです(^_-)
by kontenten (2016-06-22 22:46) 

OMOOMO

素敵な出会い、素敵なご縁ですね。

by OMOOMO (2016-06-23 17:09) 

カトリーヌ

じーんとしました。
沙亜也ちゃんはまさに出会うべくして出会った
コなのですね。虹の橋を渡ったとしてもずっと
一緒にいる気がしませんか?
うちは1人っ子ですが、今までのニャンズも
ずっと一緒な感覚で過ごしています(笑)
by カトリーヌ (2016-06-23 19:09) 

よいこ

いい子だったんですね
りみこさんにそんなに大切にされて、幸せな一生を締めくくられたんだと思います
by よいこ (2016-06-25 11:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。